乳製品アレルギーの甥っ子の為に、シフォンを焼く

Pocket

底に字を書いてみたけど、型の底の剥がしの技術が必要

11月に甥っ子の2歳の誕生日がありました。

甥っ子よ、おめでとう。

そんな甥っ子は、乳製品のアレルギーがある為、デコレーションケーキはNGです。

どうしようか散々考えて、今回はシフォンケーキ自体にメッセージを書いてみる事に。

初挑戦するも撃沈した感じです。

シフォン生地を取り分けてメッセージ分の生地を作る。

アイシングの時も黒はこの粉末を使っています。竹炭100%です。

出来上がったシフォン生地から、大さじ1~2位を取り分けて、着色してコルネにつめ、型の底に文字をかきます。(今回はこの方法でやりました)

底の剥し(型抜き)がヘタだと文字が全部消えてしまう

 

この方法、私的には難易度が高いと思っています。なぜなら、型出しで失敗したら文字が消えてしまうからです。

焼いた時点では成功していても、型出しで底を綺麗にそぎ取らないと文字が消えてしまう事に。

文字が全部型の方についてしまうんですよね。

今回も結構な割合で型に文字が付いてしまいました。残念。

練習あるのみです。

終わりに

結構楽しいので、また挑戦しようと思います。

甥っ子は2歳なので何と書かれているか分かっていませんでしたが、17センチのシフォンの半分以上を1人で食べていました(食べ過ぎ)

まあ、喜んでくれて何よりです

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る