キャラクターアイシングに挑戦~その1

Pocket

娘の2歳の誕生日の為、キャラクターに挑戦

2歳の誕生日を迎える娘は、いないいないばぁのうーたんが最近お気に入り。

キャラクターはとても苦手ですが、なんとか頑張ります。

ロイヤルアイシングは本通りにならない、沖縄。

 

アイシングクッキーの本によって作る手順はちがいますが、分量はほぼ同じロイヤルアイシング。

沖縄特有の湿気の多さのせいなのか、分量通りに作ると出来上がりの状態が本と違う。

基本的なロイヤルアイシングの分量

粉糖200g・乾燥卵白5g・水30g

上記の分量が基本のようで、私が見る限りではこの分量で乗っている本がほとんど(違う本ももちろんあると思います)

この分量で作ると、本では硬めのアイシングが出来ると書いてありますが、作るとかなり柔らかいものが出来ます。

なので、今回はこの分量に粉糖を50g足してみる事にしました。

 

かなり固めに仕上がったのでちょっと粉糖を足し過ぎたかな?

本通りの分量で作って、後から粉糖を調節すると、混ぜが足りないと艶がないアイシングができる気がするので、

最初の時点で分量より粉糖を25g程度プラスするか、仕上がった段階で粉糖を足すのであれば、結構な時間をかけて混ぜなおした方が良いと思います(私的にですが)

色を作るのが1番苦手

色付け疲れるし、苦手です。

今回は、うーたんとわんわんの2種類のキャラクターを作ります。

たった2種類のキャラだけど結構時間かかります。

アイシングの上手い方は、どうやってこの色づけをこなしてるんだ!!

1色作るのに、2種類の固さを用意しないといけないので、2種類の作り方があると思うんです。

私が思う方法を2種類書いてみました。

  1. ロイヤルアイシングを中間の固さと柔らかめの2つに分けたあと色付け。
  2. とりあえず1色分だけとって、色付けしてから、固さを2種類に調節する

どっちが早くできるんだ…。毎度悩みます。

今回作った色

わんわん

  • みどり
  • しろ
  • 紺色に近い黒

うーたん

  • きいろ
  • オレンジ
  • きみどり
  • ピンク

書いてみると、少ないように思いますが、作るのに1時間以上かかりました。

思った色にならなくてイライラ。

うーたんのきいろは、ゴールデンイエローで初めから作れば早かったのに、他の黄色で作り初めてしまい、何だかちがう色に。

微妙な色を付けると、偽物っぽくなるのでこの作業大変。

最近は、色作りにパレットで作る

以前は、プリンカップなどにロイヤルアイシングを入れて、スプーンで混ぜながら色を作っていました。

出来上がった色を小さいゴムベラですくっても多少色が残りもったいない上に、プリンカップを何個も使わないと沢山の色がつくれませんでした。

今は、ペラペラの100均で購入したまな板?にアイシングを乗せて、パレットナイフで練りながら色を作っています。全部アイシングをと取る事ができるので、このペラペラのまな板1枚でほぼ全色作る事ができます。

アイシングも無駄にならないし、片付けも楽です。

それに、また練る事で、アイシングに艶が出来る気がします。

 

今回の反省

  • アイシングを作る時の分量は、25gプラスする程度から始める。
  • うーたんの黄色はゴールデンイエローで作る。

やっと色が出来ました~!!出来上がった色も、少し微妙なものもありますが。。

あまりに長くなったので、作業については、次に書きたいと思います。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る