うずら豆の餡子でカップシフォン

Pocket

うずら豆から作った餡子でお花を絞ってシフォンに飾る

どうもこんにちは。

この間から、私の中で話題のうずら豆の餡子。

やっと餡子にしたと思ったら今度は使い道に迷う始末。

餡子をシフォンの中に入れようかとも思いましたが、久しぶりにお花を絞る事にしました。

さっそく完成品からどうぞ

あまり色が可愛くないかな。

何だか夏っぽくもなく、春っぽくもない。

もうちょっと可愛らしい色にすればよかった~!!

それから、こんな感じのも。

良く分からん感じになってる、右下の花?みたいなのは娘が絞りました。

最初は大きいシフォンにデコレーションしようと思っていたのですが、カップシフォンになりました。

このカップを利用したくて。。。。

なかなチャンスもなく。

あまり、今回のようなフラワーケーキには似合わないな。。と我ながらセンスの無さを嘆く(涙)

カップシフォンケーキの中にはクリームたっぷり

今回は、天板でシフォン生地をやいてからカットしたうえで、生クリームと一緒にカップの中につめました。

そして、カップの表面にシフォン生地が見えないようにしました。

その為、葉っぱが絞り辛い。

ちょっと室内の熱さで、生クリームがダレル事件もありましたが、表面を白い生クリームにする事で、お花が映えるかな?

とおもったのですが。

味はとても美味しかったらしいです

私はあんこが嫌いなので、正当な評価ができません。

そこで、家族とレッスン常連のGちゃんに味見を依頼。

「小豆のようなコクはないけど、さっぱりしていてい食べやすい」

「美味しい。バタークリームよりこっちが断然いい」

というのが全員一致の評価でした。

おまけ。Gちゃんが焼いたシフォン

スランプになるとやってくるGちゃん。

「ちょっと、作るから変な動きがないか確認して~!」との事

しあがったシフォンだけブログに載せて良いとの了承を頂きました。

綺麗なお花割れとはいきませんが、底上げは回避できて良かったね~!

ちなみに、上のお皿に入ったお花の絞りは。

Gちゃんの好きな松田聖子さんの歌にちなんだ花です。

さてなんでしょう。(その花にみえるかな~)

正解は一番下です。

 

終わりに

うずら豆の皮むきからはじまり、お花にして食べるまで長い道のりでした。

でも、とっても楽しかった。

もうちょっと、季節にちなんだお花を絞ればよかったなと反省。

それでは、いまからシフォン焼きまーす。

 

 

 

正解は  赤い~スイートピー♪♪

 

 

にほんブログ村 スイーツブログ シフォンケーキへ
にほんブログ村

にほんブログ村 スイーツブログ フラワーケーキへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る