安室の玉子で、ふわふわ苺のシフォン

Pocket

いちごシフォンを久々ドールで焼きました。

こんにちは。

今日は旧暦の3月3日。沖縄では女の子を海に連れて行って、健康と健やかな成長を願う風習があります。

我が家も、娘の息子を連れて近くの海に行きました〜。

海に行って食べるオヤツは、ベビースターと、もちろん、シフォンケーキ。

今回は、いちごが好物の娘の為にいちごのシフォンを作りました。

今回使った卵は『安室の卵』

先日レッスンにきて頂いた、Yさんより

『使ってみてください〜』

という事で、届きました。

なんとなんと、1ケース120個!!

凄いー!

妹と母にもおすそ分けしつつ。

100個の卵が冷蔵庫へ。

Yさん、ありがとう!活用させて頂きます。

Yさんも、シフォン沼にハマってきてるようで、作ったシフォンの画像を見せてもらったりしてます。

仲間が増えて嬉しい〜!

一緒にシフォン道を突き進みましょう~!!なんて・・・

シフォン沼はハマるとなかなか深く、抜け出せない世界ですよ(笑)

それでは、いちごのシフォンはこんな感じ

今回は、久々のトール型。

17センチのトール。

そして、ハンドミキサーもクイジナートの機種を買ったので、試してみました。

メレンゲがいつもとは違う・・・

低速が低速になってない。パワーは半端じゃないですね。

うん。使いこなさねば。

卵黄生地はこんな感じ。

生のイチゴをピューレにして使ってるのですが、卵黄の黄色に負けて、ピンクではないんですよ。

だけど、ちゃんとイチゴのツブツブは見えます。

イチゴ沢山はいってますよ~!

それでは、メレンゲと卵黄生地を混ぜ込んで。。。

生地の完成!

今回はメレンゲがかためだったので、結構混ぜ込みました。

久々のトールなので、底上げの心配も。

私のオーブンは右後ろの火が強すぎて、その部分だけそこあげする事も。

はい、完成~!いちごのふわふわシフォン

はい。型抜き後はこんな感じ〜!

写真撮ってたら、息子が食べにきてしまいました。

たまにかじられます。

はい、その後はちぎられてしまったのでホール画像はありません。

今回は、ふわっふわタイプなので、気泡が大きいですね。

ちなみに、ヨーグルトシフォンの断面と比較するとわかりますかね~上の写真のヨーグルトシフォンは、ふわふわタイプではありますが、しっとりよりのふわふわ。なので、気泡が小さいんです。

いつもは、もっと小さい気泡を作って、しっとりすべすべ絹肌のヨーグルトシフォンに仕上げます。

この時は、通常のヨーグルトよりふわふわしてました。(あえて、そうさせている)

せっかくなので、いちごのシフォンの気泡をアップで見てみると・・・・・・・・

気泡が大きいですね。

しっとりやわらかではなく、ふわふわ軽いシフォンの断面です。

いちごが大量に入っているので、ふわふわ軽いけど、水分もたっぷりです。

いつもは、イチゴのシフォンもしっとり絹肌につくりますが、今回はふわっふわに。

好みが大きく分かれるシフォン。

両親は今回のシフォンが美味しい!といい

旦那は、いつものイチゴシフォンじゃない!と微妙な反応。

どちらが間違いという訳でなく、完全に好みの違い。

私は、、、どっちも美味しいから選べない。

終わりに

いちごシフォン、イチゴのシーズンにしか作らないのでシフォンを通して、春を感じる事ができる一品です。

はー、美味しい。

このシフォンは2日目~3日目が一番おいしい。2日半位が一番、イチゴ感を味わう事ができるかも。

安室の玉子をYさんから頂いたので、張り切ってシフォンを焼きます。

Yさん、ありがとう!

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございます。

そうだ、今日もシフォンを焼こう♪

にほんブログ村 スイーツブログ シフォンケーキへ
にほんブログ村

にほんブログ村 スイーツブログ フラワーケーキへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る