ゼブラシフォンを作ったはずが、マーブルに。

Pocket

ゼブラシフォンに初挑戦するも撃沈。リベンジ決定

最近、インスタを見るとゼブラシフォンの投稿が沢山あり、初挑戦したものの残念な結果に。

今回の失敗を今後の為に、ブログに残す事にしました。

そもそも、ゼブラシフォンってどうやって作るの?

ゼブラ柄のチーズケーキを作っている方に、ゼブラの方法を聞いてみた所、

「同じ場所から生地を交互に流し入れるだけ」との事。

交互に入れれば良いのね~って安易に考えていましたが、やってみると結構大変。

スプーン等で同じ分量ずつ入れないと、綺麗なゼブラにならない

生地を交互に入れる作業が大変そうで、絞り袋に生地を入れてみたら楽かな?と思いやってみました。

チョコレートとプレーン生地の2種類で、白黒のゼブラを目指しプレーン生地から型へ。

最初の時点で、プレーン生地入れすぎてしまい焦ってしまいました。

更には、絞り袋に生地を入れた事が作業を複雑にしてしまったようで、生地が漏れないように、絞り袋を置かないといけないし、それが2種類あるのでお手上げ状態。

とりあえず頑張って、チョコレート生地を入れてみましたが、生地自体の柔らかさが、違う為、流れる速度も全然違う(涙)

作ってる段階でこりゃー失敗だと思いましたが、最後まであきらめず頑張りました。

そして、出来上がった生地がゼブラではなくマーブル

ゼブラを目指したのに結果的に、綺麗なマーブル模様。

マーブルシフォンとしては成功なんでしょうが、今回目指したのはゼブラなので大失敗。

そして、チョコレート生地自体が失敗しているので、大きな気泡がたくさん。

味と食感は申し分なく、美味しく頂きました。

次回に向けての改善点

①同じ分量の生地を型に流す為、お玉やスプーンを使う。

②生地の流れる速さを同じにする必要があるので、生地の濃度をそろえる。

終わりに

これまで100回以上シフォンケーキを焼いていますが、やっぱり奥が深いです。

シフォンケーキを作っている方それぞれ、目標としてるシフォンが違うと思いますが、どなたかの参考になればと思います。

ちなみに私の目指すシフォンは自立できない程の柔らかい、しっとり系のシフォンです。

「こうやったら、ゼブラは上手くいくよ」などありましたら、教えて頂けると嬉しいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
にほんブログ村 スイーツブログ シフォンケーキへ
にほんブログ村

にほんブログ村 スイーツブログ フラワーケーキへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る