シフォンケーキレッスンレポ~初めましてレッスンはプレーン

Pocket

インスタ繫がりで、初めてのレッスン

こんにちは。

最近、ブログを更新していないので書きたい事が溜まってます。

インスタもあまり更新していません。。

ですが、インスタのDMはスマホですぐに確認できるので、お問い合わせ頂いた時のお返事はちゃんとしてますよ~!

(遅めですが・・・・)

 

 

さてさて、今回は先日レッスンした際のレッスンレポでございます。

なんと、インスタ繫がりでレッスンに来て頂きました。

 

那覇でアイシングクッキーの講師をされているMさんです。

以前、私もアイシングクッキーを習いに行った事がありますが、作業が早くて器用な方なので緊張。

 

初レッスンはプレーンで

 

どのフレーバーでもOKとの事だったので、やっぱり最初はプレーンだよね!と思いプレーンから。

ご自宅で作られているとの事なので、その時にどんな風に作っているのかを確認させて頂きました。

私自身は、17㎝のシフォンをメインに作っているのですが、Mさんはご自宅で20㎝で作られているとの事で20㎝で作りました。

 

シフォンケーキは正解がないケーキというか、どんなケーキが好みかで作り方が若干違ってきます。

私は、「しっとり、キメが細かい系」が好み。

Mさんは、「ふわっふわの軽い系」が好み。

 

と言う事で、「Mさんの求めるシフォンにするには」というテーマでお話しとレッスンをさせて頂きました。

 

オタク感満載というか、あれもこれも伝えたい!という私の説明で混乱させてしまったかな??と

最後は反省しましたが、底上げもせず成功したのでホット一安心。

 

レッスンの流れはこんな感じで

今回は、Mさんはご自宅でも作っている経験者なので、作った事のない方とは違った進行。

①普段作っているシフォンの疑問や、目指してるシフォンがどんなシフォンなのか

②今回のプレーンのレシピの説明

③シフォン作り

④私のシフォンのデモンストレーション

⑤出来上がったシフォンの型ぬき

⑥試食。作って頂いたシフォンの試食と私の前日に焼いたシフォンの試食。

 

全くの初心者の方の場合は、流れが変わってきます。

 

chiffon21を体験してもらいました

(画像が粗くてごめんなさい)

いつもは手外しをしているというMさん。

今回はあの有名なシフォン専用ナイフのchiffon21を体験してもらいました。

さすがに器用なので、初めてなのに失敗する事なく抜いていました。

 

私のシフォンとレッスンで作ったシフォンの試食

 

私が前日に焼いたシフォンは「ヨーグルトシフォン」今回レッスンで焼いて型抜きをしたばかりの「プレーンシフォン」と一緒に試食。(写真は、Mさんが焼いたプレーンです)

軽くてふわっふわとしっとりきめ細かいシフォンの食べ比べ。

当日焼きしたシフォンは、まだ水分が安定していないですが、ふわっふわ。

翌日になるとまた味わいが変わります。

Mさんも、「成功した~!」と喜んでくれました。

 

終わりに

 

おしゃべりしながらのレッスンでした。

あれもこれも!とシフォンについて色々説明しすぎて、ちょっとドン引きされたかな・・・・と。

こんな方法もあるよ!と説明したくなる性分が出てしまいました。

ふわふわのシフォンが出来上がって良かったです。

 

今日もシフォンを焼こう~!

ではまた。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • 内村
    • 2019年 3月 24日

    こんばんは はじめまして
    内村と申します
    シフォンケーキのレッスンを受けたいのですが
    申し込み可能でしょうか⁇

ページ上部へ戻る