Lemon chiffonを焼く。冒険しすぎて失敗。

Pocket

自家製のレモンで、水分量の限界に挑戦し敗北

夢ならばどれほどよかったかー!!

楽しみにしてたレモンが落ちまして。。

自家製というか、実家製のレモン。

レモンの木に実がなった時から、娘が黄色になるのを待っておりました。

なのに、こんな感じですよ。

はい、みどり~!!

写真の後に、徐々に黄色にはなりましたが、黄色い皮の果物の収穫を娘にさせたかった。

娘にレモン狩りをさせる事なく、レモンは台風にやられましたー。

しょうがないので、落ちたレモンでシフォンを作りましたよ。

レモン狩りをしてから、娘と一緒に作るつもりが、、、。

とりあえず、作る事に。

レモンシフォン製造開始

今回は、水分攻めモードで、新しいレモンシフォンのレシピを試作。今まででもよかったんですけど、新化させたいな~と。

少し、黄色になった皮を入れる。

この削るやつ、持ってない方は是非、買ってみて下さい。万能です。

私は、お菓子作りに限定して使っているのですが、普段使いとしても使えます。

※↓にゼスターグレーターがおすすめな理由を書きましたが、興味ない方、とばしてくださいね~。

余談、ゼスターグレーターがおすすめな理由

ニンニク、生姜、大根おろし、ブロックのチーズをおろすのにも便利なので、買って損はないです。

おすすめな理由は、①危なくない ②洗い易い ③切れ味抜群

ちなみに、私はお菓子作りの時にどうやって使っているのかというと以下の通りです。

①柑橘類を削る

②ナッツ類を削る

③クッキーを焼いた後に形・厚みを整える

④タルトの形を整える。

⑤チョコレートを削る

今は、上記が主な使用方法ですが、本当に洗い易いしこれは、買って良かったな~と思えるものです。

 

 

はい、生地作り続きまーす

 

レモンの皮・油・レモン果汁とお水・粉を入れます。

今回は、失敗を恐れず水分過多で。(のちに失敗して、ちょっとショックを受ける)

 

この泡感。失敗な感じがしてならないのは、私だけでしょうか。

それでも、続けます。(この時から不安がよぎる)

 

メレンゲを作ります。特に問題なくい感じにできました。

 

メレンゲと卵黄生地を合わせます。最近、混ぜ方をちょっと変えてみたりしている最中です。

懲りずに、混ぜ方を色々試してしまい後悔するんですけどね。

とりあえず、生地がうーん、微妙です。

 

型に流して焼く。

さて、どうなるか。(まあ、失敗しているってブログ書いてる時には知ってるんですけどね)

はい、焼きあがりました。

 

あ~。

焼きあがりの見た目で、半分は底上げしているのが分かります。

私の場合の底上げパターンの見た目はこんな感じなんです。

このシフォン、最高に美味しいですけど

 

底上げさえしなければ、最強にシフォンだったはず。(私の中で)

食べた人から絶賛の嵐。↑の写真でもわかるように、かなり底上げ。

シフォン好きさん達からの評価なんで、嬉しい限りですが、なんせまた同じレシピで作ると底上げの危険性が。

もう一度同じように作るか考えもの。

底上げの全貌は、写真を撮ってないので、無いですが、それはすごい底上げでしたよ。(同様のあまり、写真撮れず)

終わりに

レモンシフォンのレッスンの依頼があり、新しいレシピで挑もうとして失敗した次第です。

元々の味が好きで依頼されているので、改良する必要ないんですけどね。

うーん、私のシフォン病が発病してしまった結果ですね。

でも、続けている限りは失敗ではなく、成功への道ですから~(誰かの本に書いてあった)

 

めげずにがんばります。

 

そうだ、今日もシフォンを焼こう!

 

 

にほんブログ村 スイーツブログ シフォンケーキへ
にほんブログ村

にほんブログ村 スイーツブログ フラワーケーキへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る