だんだんと癖になる?!塩バニラシフォンを作る

Pocket

塩バニラは好き嫌いが分かれるシフォン

こんにちは。

台風24号が居なくなった!って喜んだら、また台風が来た沖縄です。

私はと言うと、停電や暴風に備えて、実家に避難しております。

前回の台風では、停電が2日半も!!

冷蔵庫のバターとクリームチーズとサヨナラする事になりショック。

今回はさよなら防止の為に、冷蔵庫の中身を消費しました。

そこで、卵消費も兼ねて、塩バニラシフォンを焼きましたという訳です。

卵はさすがに、腐らないけど気分的にね。

前から焼いてみたかった!塩バニラシフォンをやっと焼いた

前々から興味があった、塩バニラ。

cottaさんで、バニラビーンズのペーストを買っていた事もあって作りたかったんです。

一時期、塩スイーツブームってありませんでした?

今更感はありますが焼いてみました。

塩バニラシフォンはこんな生地でした

卵黄生地の写真は撮り忘れました。。

今回は、久々に17センチトールで焼く事に。

メレンゲを作るタイミングで塩を投入するだけなので、そんなに難しくはないですね。

メレンゲの安定を図る為に、塩を入れる事があるかと思いますが、その塩の量が増えただけ。

とりあえず、塩を投入してメレンゲを作る。

出来上がったメレンゲは↑の感じです。

このメレンゲと、卵黄生地を合わせて、型に流します。

生地は『たら〜』と流れる生地に仕上げました。

ちょっと筋はつく位の固さですが、型に入れる時に、たらたらたら~っと生地が繋がって落ちる感じです。

生地が途中で切れない固さ。

表面もちょっとならして。オーブンへIN

さてさて、久々の17センチトールで底上げが心配ですがどうなっているでしょうか。

焼きあがって型出し

側面はこんな感じ。綺麗に剥がせました。

側面の剥がしは問題ないですね。

首折れもしてないし。

型出し完了。シフォンケーキ仕上がりました。

底上げは無しです。

うん、横から見たら、まぁまぁ綺麗。

でも、暗いキッチンで写真を撮ったから、どよーんって感じですね。

底の部分の剥がしは、毎回納得がいかないんですよね。

今回は、ちょっと考え事をしてしまったので、余計にボソボソ。

シフォンの剥がしは、集中が必要なんですよね。

どうやら、つなぎ目のある型の方が、底の剥がしは綺麗になるとの事。

新しい型を買ってみようかと思ったりもしますが、型が多すぎるので・・・・

カットしたらこんな感じですよ

シフォンを押すと、「シュワシュワ」と音がでる。

軽い感じで、ふわふわでしっとりしてますが、私の求めるしっとりとは遠い。

生地のキメも悪くはないんです。

ちなみに、小さい気泡の中に少し大き目の気泡が入る感じの仕上がり。

巨大な気泡はありませんでした。ほっと一安心。

試食してもらったら、賛否両論

今回は、4人に試食してもらいましたが、意見が分かれる結果に。

基本的には美味しいという感じでしたが、1人だけ塩の意味が分からない、美味しくないと言われました。

全員一致の意見が、「ふわふわだけど、水分量がいつもより少ない感じがする」

うん、私もそう思います。

水分もいつもより少なくないし、卵白も少なくないし。。。。次回への課題ですね。

塩味が強いのは1日~1日半まで

塩味が日にちと共に、薄くなるというか馴染んでくる?

でも、塩感がなくなると「塩バニラ」ではなく「バニラ」になってしまいます。

当日に食べると塩が強い。

翌日の朝まで塩が強い。夜には塩が馴染んで薄くなる。

3日目には、塩感はほぼない。

終わりに

久々のトールでしたが、底上げする事もなく終わりました。

10月の卵はすでに、夏卵ではなくなっているのか。

沖縄はまだ暑いですけどね。

今回の塩バニラシフォンは、水分量を増やし、塩を減らし再挑戦してみる予定です。

とりあえず、まずは違うシフォンを焼いてからっと。

姪っ子からヨーグルトシフォンをリクエストされているので、台風が過ぎ去ったら、ヨーグルトシフォンを焼く予定。

でも、ヨーグルトが売ってるのか心配です。

今回はこんな感じで。

にほんブログ村 スイーツブログ シフォンケーキへ
にほんブログ村

にほんブログ村 スイーツブログ フラワーケーキへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る